当院のリハビリテーション

  1. ホーム>
  2. リハビリテーション>
  3. 当院のリハビリテーション

リハビリテーション部
副部長より

リハビリテーション部は「できる喜びとこれからの生活に貢献する」を理念とし、患者さまが退院された先の生活をイメージしたリハビリテーションの提供に力を入れています。
患者さまが入院から退院まで円滑にリハビリテーションが進むように、チームスタッフは常にコミュニケーションを図っていけるよう体制作りにも力を入れています。
日々真剣に仕事に取り組み、患者さまのこれからの生活に貢献できるように努力してまいります。

リハビリテーション部 副部長
平山 貴之

リハビリ内容のご紹介

病気や症状によってリハビリテーションの内容は様々です。

  • 麻痺した半身の動きを改善し、また、できなくなった日常生活動作を取り戻します。
  • 歩行練習など動作練習を積極的に実施します。
  • 言葉が出にくくなった症状に対しては言語訓練を行います。
  • 食事動作など日常で必要な動作の練習をマンツーマンで実施します。
  • 自宅に帰るときに必要な家事動作の練習も積極的に行います。
  • 失語症などで会話がしにくくなった方には、言語聴覚士が客観的評価、会話の練習を集中的に行います。
  • 手種の高次脳機能障害に対するリハビリテーションを実施します。
  • 適切な負荷量を設定し、体力向上を目的としたリハビリテーションを実施します。
  • 全身の持久力を改善し、疲れにくい身体を取り戻します。
  • 電気刺激により、動きにくくなった手足のサポートを行い、運動をしやすくします。また、刺激の種類を選び、肩や腰などの痛みの緩和を行います。
  • 電気刺激治療器のエスパージ(伊藤超短波)を使用。全4台配備。
  • リハビリ室に畳のある部屋を設置しており、退院後に和室での生活が必要な方へ対応します。
  • 立ち上がり方や座り方など療法士がマンツーマンで練習に取り組みます。
  • 退院後に調理などの家事が必要な方へ、実際に食材を用いて調理練習を実施します。
  • 掃除や洗濯ものを干すなどの家事動作も行えるよう環境を整備しています。

ページの先頭に戻る