リクルート総合サイト

アクセス

リクルート総合サイト

お問い合わせ

リクルート総合サイト

リクルート
総合サイト

当院について

理念・基本方針

Philosophy 病院理念

「自分らしさをとりもどす、
精一杯のお手伝い」

基本方針

  • 患者さまの立場から発想し、いつも謙虚な気持ちで個と組織を改善します
  • 最先端の知識と技術を習得し、安全・安心で質の高い患者さま中心のチーム医療を実践します。
  • 笑顔でのあいさつを基本とし、温かみと思いやりのある療養環境・職場環境をつくります。

理事長ごあいさつ

理事長 福澤 正洋

理事長

福澤 正洋

2022年4月、大阪たつみ病院は“大阪たつみリハビリテーション病院“に改名いたしました。これまで回復期リハビリテーション病棟(76床)と障害者一般病棟(44床)で診療を行って参りましたが、2022年1月より全病床(120床)を回復期リハビリテーション病棟に転換して、大阪市における脳血管系、運動器リハビリテーションを重点的に担っていくことに致しました。
わが国は世界有数の長寿国であり、2025年には人類が経験したことのない超高齢化社会になります。一方、一億総活躍社会を目指していますが、そのためには「健康長寿」である必要があります。しかしながら、疾病や外傷から起こってくる障害を持ちつつ生活される方々も多くいらっしゃいます。リハビリテーション医療は正にこの障害のある人々を身体的,心理的,社会的に最大限度にまで回復させることを目指しています。当院では患者様が“自分らしさ”や“日常”を取り戻すために、医師とともに看護師・介護士・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・社会福祉士・薬剤師・栄養士・歯科衛生士等の専門スタッフがチームとなり安全・安心で質の高い治療に取り組んでいます。
「患者さま」「家族」「地域」「医療・介護」の4つの想いをひとつにし、回復期リハビリテーション病院として地域で信頼され、必要とされる病院となるよう努めてまいりますので宜しくお願い申し上げます

2022年4月1日

理事長 経歴

  • 大阪大学医学部卒業
  • 日本大学医学部外科学主任教授
  • 大阪大学医学部外科学主任教授
  • 大阪大学医学部附属病院病院長
  • 大阪府立病院機構大阪母子医療センター総長
  • 大阪大学名誉教授
  • 医療法人せいわ会 理事長就任

院長ごあいさつ

院長 齊藤 正伸

院長

齊藤 正伸

2022年11日に当院は全120床を回復期リハビリテーション病棟に変更し、急性期医療が終了した患者様に対し、社会や地域への復帰をお手伝いすることを目的とした、リハビリテーションに特化した病院になりました。そこで、病院の特徴をわかりやすくお示しできるよう、大阪たつみリハビリテーション病院に名称を変更いたします。さらに2023年の完成を目標に病棟を増改築し、最新のリハビリテーション機器やIT技術を導入し皆様のお役に立てればと計画しています。

大阪たつみリハビリテーション病院は地下鉄南巽駅から徒歩5分、大阪市内にある交通のアクセスの良い回復期リハビリテーション病院です。

脳梗塞や脳出血・頭部外傷など頭部の疾患、大腿骨骨折・脊椎疾患や人工関節の手術後など骨・運動器の疾患で、急性期病院での治療が終了したけれども自宅に帰るには機能回復が不十分という患者様に対し、より安全に、より早く社会に復帰していただけるよう、治療いたします。リハビリテーションは1365日、1日約2時間30分施行し、退院後の生活に必要な課題を患者様と共有し、ケアマネージャーさんや訪問看護師さんとのカンファレンスを行って地域との連携を深め、チーム医療を推進しています。

With coronaの時代、職員の感染予防対策を徹底し、一方で面会制限など患者様、ご家族様にはご迷惑をおかけしますが、コロナウィルス感染症はじめ、あらゆる感染症の発生を防ぐよう努力しています。また、地域の皆様方には、ワクチン接種などを行って貢献していきます。

地域連携室のモットーは入院相談など御連絡をいただければ、当日中にお返事をするというスピード感です。お気軽にご連絡いただければと思います。

大阪たつみリハビリテーション病院の職員一同、患者様やご家族、地域の方々に安全で満足していただける医療を提供するために一丸となって努力してまいります。急性期の医療が一段落された患者様が、“自分らしさを取り戻せる”よう、精一杯のお手伝いをいたします。

2022年4月1日

障害者雇用

医療法人せいわ会 大阪たつみリハビリテーション病院は「働きやすい職場環境の実現と向上」を目指すため、一人ひとりを尊重し、職場環境を整え、職員の人材育成に努めています。医療や介護を業とする当法人は、障害者の雇用についても取り組みを行っており、
障害を持つ職員が看護・介護・事務職などの業務に就き働いています。
また雇用後も、当法人の担当者が障害を持つ職員と相談、または指導しながら職業能力の開発向上や障害に応じた施設設備の改善など、
職業生活の充実を図っていきます。必要な場合にはジョブコーチにより適切な支援を受けながら職場に適応していただいています。
障害も個性のひとつと捉え、個性を生かして働き、生活していける地域づくりへの貢献を目指して、障害者の雇用を今後も継続的に実施することとしています。

雇用実績(2022年4月現在)

性別 障害種別 採用職種
男性 身体 理学療法士